事件

栗原勇一郎容疑者に性的虐待の疑い?詳細は?心愛ちゃん虐待殺害について。PTSDを発症していた?

千葉県野田市の自宅で当時小学四年生の栗原心愛(みあ)さん(10歳)に冷水のシャワーを浴びせたり暴力を振るうなどしたとして、父親の自称会社員 栗原勇一郎容疑者が逮捕された事件で、
暴力行為だけでなく性的虐待の疑いが浮上しました。

事の発端

千葉県野田市の自宅で小学四年の栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡した事件で、二〇一七年十一月に心愛さんを一時保護した県柏児童相談所などが二十八日に記者会見し、一時保護の解除後から事件までの一年余、柏児相と学校の職員が一度も自宅を訪問していなかったことを明らかにした。柏児相の二瓶一嗣(にへいひとし)所長は「変化に気付けず対応に不足があった」と認めた。

 柏児相などによると、一七年十一月、当時通っていた野田市内の小学校で心愛さんが「父に背中や首、顔をたたかれる。『てめえ、早く宿題やれ』と言われた」と明かした。ほほにあざがあったため、父親の勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=から「身体的虐待を受けている疑いがある」と野田市から連絡があり、柏児相が同年十一月七日、一時保護した。

 保護中に柏児相は八回、勇一郎容疑者と面談したが、「心当たりがない」と虐待を否定。心愛さんは「父親が怖い」と面会を拒んでいたが、その後、心愛さんが「家に戻っても大丈夫」と話したことから、児相は親子関係が改善されたと判断、同年十二月二十七日に一時保護を解除した。

 心愛さんは親族宅を経て一八年三月に自宅に戻り、その間に、死亡時に通っていた小学校に転校した。

 今月七日、心愛さんは始業式を欠席。勇一郎容疑者からは学校に「沖縄にいるのでしばらく休ませる」と連絡があった。心愛さんは遺体が発見される二十四日まで欠席を続けていたが、学校は一度も所在を確認していなかった。

 児相も二十二日に学校から欠席状況を聞いたが、不審に思っていなかったという。

 市は心愛さん一家が一七年八月に沖縄県内から野田市内に転居してきた当時から、勇一郎容疑者による妻への暴力の情報を把握し、児相とも情報を共有していたという。

 勇一郎容疑者は、心愛さんに自宅で冷水シャワーをかけたり、首付近をつかんだとして傷害容疑で逮捕。千葉県警は二十八日、司法解剖の結果、心愛さんの死亡推定時刻は今月二十三~二十五日で、体中にあざがあったものの、直接の死因は確認できなかったとした。県警は暴行と死亡との因果関係を調べる。

(東京新聞)

学校で行われたアンケートでは家庭で虐待があることを訴えていた記録が残っています。アンケート内容は秘密を守るとして行われたのですが、父親の目に触れることになってしまいました。

この事件では一時保護していた児童相談所に対して、虐待の事実を把握していた上で保護の解除を行い父親の元に戻した対応に非難が集まりました。

事件の時系列

  1. 平成29年7月 この頃はまだ沖縄在住で虐待の事実を知った親族が市に通報を行います。
  2. 平成29年9月 逃げるように千葉県野田市に家族で転居。
  3. 平成29年11月 学校のアンケートで虐待を訴える内容を書き、柏児童相談所に一時保護されます。
  4. 平成29年12月 一時保護解除。心愛ちゃんは親族の元へ。
  5. 平成30年1月 父親は「学校アンケートの内容を見せてもいい」という嘘の同意書を持参し、学校側からアンケートのコピーを入手する。また、この頃別の野田市の小学校に転向させる。
  6. 平成30年3月 心愛ちゃんは親族の元から自宅へ。
  7. 平成31年1月 心愛ちゃんが自宅の浴槽で亡くなっているのが見つかる。

 

父親の栗原勇一郎とはどんな人?

自称会社員と報道されていた通り事件当時会社員であったかは定かではありませんが、仕事を転々としていたようです。現在わかっているだけでも

  • 航空会社のメンテナンス
  • 電気工作機器の営業
  • 那覇空港の売店
  • コールセンター
  • 沖縄観光コンベンションビューロー
  • 沖縄観光コンベンションビューロー東京事務所嘱託職員

などの仕事を転々としていたようです。また、一時期仕事につかず妻である栗原なぎささんの貯金で生活していたとの情報もあります。

沖縄の観光PRをしていた時にはラジオにも出るほど人まではとても流暢に話していたようです。

ラジオ出演時の映像がこちら。

 

暴力行為だけでなく性的虐待もしていた?!

今回の事件では体のあざなどから暴力的な虐待が問題視されていましたが、新たに性的虐待の疑いももたれるようになりました。

「性的虐待の疑い」と診断=ズボン下ろされ、下着も-千葉女児死亡
2019年05月14日13時41分


 千葉県野田市の小学4年栗原心愛さん=当時(10)=が自宅で死亡し、父親の勇一郎被告(41)が傷害致死罪などで起訴された事件で、心愛さんが県柏児童相談所に一時保護された際、医師が「性的虐待の疑いがある」と診断していたことが14日、分かった。

 心愛さんは2017年11月、学校のアンケートで父親の暴力を訴え、保護されていたが、児相は医師の診断を受けた約2週間後に解除していた。県の担当者は「重大な検証事項として受け止めている」と話している。
 関係者によると、心愛さんは保護期間中、医師らに対して、「父親に急にズボンを下ろされ、下着も脱げたことがあった」などと話していたという。
 心的外傷後ストレス障害(PTSD)の疑いがあると診断されたが、児相は心愛さんが父方の親族宅で生活することを条件として、同年12月27日に一時保護を解除。18年2月の会議で自宅に戻すことを了承していた。

(時事通信)

暴力だけでなく下着を脱がせるなどのわいせつ行為をしていたこともわかってきました。また、そうした日常的な性的いじめによる影響でPTSDを発症していた疑いがあります。

 

何よりも悲しいのは心愛ちゃんがすでに亡くなってしまう、心愛ちゃんの口から被害の状況を聞けないことです。

服を脱がせる以外にも朝起きると唇が腫れていてマスクをして学校に通うこともあったと言います。

栗原容疑者はどこまでも卑劣な父親ですね。

職場では人当たりの良い人物である声が多いことからも家庭内だけは威張り散らすような内弁慶のサイコパスだという事がわかります。

ネットの声

  • この件を担当していた職員は何人いたのか分かりませんが、今現在も同じ職を続けているのでしょうか?
    なにがいけなかったのか、どうするべきだったのかを恥をさらしてでも全国の児童相談施設に伝えるべきだと思う。二度と同じ事を繰り返さないために。
  • 何人もは無理だけど一人くらいなら僕が引き取って
    育ててあげる事が出来たのに。
    世の中には僕と同じような考え方の人が少なからずいるはずだ。
    少なくともこんな両親よりは絶対に幸せにしてあげられたと思う。
  • 知れば知るほど胸糞悪い事件…
    こういう事件は「職員も大変なんだろう」と思うこともありますが、
    この件ばかりは同情できません
    父親には極刑を望みます
  • いくらSOS を出しても
    誰も救ってくれないと
    わかった時のこの子の絶望を
    思うと涙が出る
    児童虐待や動物虐待は
    極刑にすべき。
    人の心がないのだから

  • この事件を見たくないとか聞きたくないとか思わずに皆が目を反らさず見てほしいと思う。
    まだ10歳だった少女の人生を無駄にしたくない。
    今まで沢山の悲惨な事件がいつの間にか消えていく、忘れられてしまう。
    皆が目を光らせることで法律も変えられるかもしれない。
    何の罪もない子ども達を守ってあげられるかもしれない。
  • 元旦那のDV被害者で、子供も虐待され離婚した者です。
    今回の児相の対応の悪さにビックリしてます。
    子供を守る事が仕事の児相の責任感の無さに呆れます。
    あれだけ、助かるチャンスがあったにもかかわらずです。警察に通報すれば、父親は即刻逮捕されてはずです。
    何故、出来なかったのか疑問です!