炎上

平成ありがとう男、道頓堀ダイブ動画まとめ

道頓堀ダイブ画像

今年4月30日、平成から令和へと元号が変わる瞬間に大阪の道頓堀で酔っ払いの若者が道頓堀に飛び込み乗客60名を乗せた観光船にダイブする映像がツイッターで話題になっています。

平成ありがとう男ダイブの映像

 

 

 

新たな時代の幕開けを喜ぶ際に、また“やり過ぎ”と言える行動がありました。大阪・道頓堀の飛び込み。大事故にもつながりかねない事態となりました。

 改元直後の大阪・道頓堀―。

 「橋の上から今、男性が飛び降りようとしています!」(記者リポート)

 大阪府警が30日夜から150人態勢で警備を続ける中、次々と戎橋から飛び込む若者たちの姿がありました。この事態に大阪市の松井一郎市長も―。

 「令和時代の幕開けを祝いたいのは、重々承知していますが、戎橋での危険行為は止めてください」(ツイッターより)

 そんな中、あわや大事故にもつながりかねないという出来事が起きました。戎橋から飛び込んだ男性。川ではなく、クルーズ船の船首に落ちたのです。船には乗客約60人が乗っていました。

 「(戎橋を)通過しかけた瞬間、人がポンッって落ちてきた。目の前に。お客さんの方に落ちてなくて本当によかったなって思いますね。本当に危険なので、やめていただきたいですね」(クルーズ船の船長)

 運営会社によると、船着き場に到着後スタッフが男性を介助して船から降ろしましたが、救急車を呼ぼうとしたところ男性は拒否してその場を立ち去ったということです。乗客にけがはありませんでした。

 この「道頓堀の飛び込み」。最初に注目を集めたのは、阪神タイガースが優勝した1985年(昭和60年)でした。

 その後も大阪で「何か」が起こるたびにお祭り騒ぎとなり、警察が飛び込んだ人を逮捕するなど対策に乗り出しますが、死者が出たことも…。 戎橋をリニューアルした際に橋の両側にスロープを増設し、欄干から直接飛び込みにくいつくりにしましたが、それでもなくなることはありませんでした。昭和・平成と続いた道頓堀の飛び込み。新しい時代とともに、喜びの表現も考え直すきっかけにしたいものです。

(mbs news)

 

大阪市長のコメント

 

当然ながら道頓堀へのダイブは大変危険ですよね、、、

 

その他の令和飛び込みダイブ映像

 

 

 

 

ネットの声

  • そのまま去ったのは、捕まるのが分かってるから。
    誰か取り押さえてたら良かったのに。

 

  • 「いらんわ」じゃない。
    もしも落下したところに人がいて激突していたら殺人になっていたくらい事態は深刻なもの。
    人を殺す意図はなかったとしても、殺人未遂といっても過言でないはず。
    何らかの罪状で逮捕されなければ、自分のしたことの重大さがわからないのだろうか。

 

  • 船に乗っていた方に怪我がなくて良かった。
    また船自体の損失も大きくはないようで良かった。

 

  • 日本では公共物への安全対策は死人が出ないと本格的強化はされないからこれからも道頓堀アホダイバーは絶えないでしょう。

  • 「昭和」の恥ずべき行動を「平成」を通り越してとうとう「令和」まで持ち越してしまいました。