事件

経済産業省キャリア西田哲也容疑者が覚醒剤所持で逮捕?!顔・SNSの情報は?!入手経路は?足立区綾瀬出身?

平成も終わろうとしている頃に驚きのニュースが入ってきました。

経済産業省のキャリア官僚が覚醒剤を不正に輸入して所持していた疑いで組織犯罪対策課に逮捕されました。

最近、芸能人でも多い覚醒剤所持の容疑ですが、今度はキャリア官僚でかつ28歳の若さで課長補佐を務める本物のエリートが逮捕された事で話題となっています。

今回は逮捕された西田哲也容疑者のSNS情報や入手ルートについてまとめました。

事件概要

覚醒剤入りの荷物を受け取ったとして、警視庁は経済産業省のキャリア職員で製造産業局自動車課の課長補佐、西田哲也容疑者(28)=東京都足立区綾瀬3丁目=を麻薬特例法違反(規制薬物としての所持)容疑で現行犯逮捕し、29日発表した。「受け取ったが、覚醒剤が入っているとは知らなかった」と容疑を否認しているという。

 組織犯罪対策5課によると、逮捕容疑は自宅マンションで27日、覚醒剤が入っていると知りながら国際スピード郵便物を受け取り、所持したというもの。荷物は米・ロサンゼルスから送られたファッション雑誌1冊で、一部が袋とじ状にされ、中に袋入りの覚醒剤約20グラム(末端価格約120万円)が入っていた。

 荷物は15日に日本に届き、東京税関が検査で覚醒剤を発見。17日に警視庁に通報し、合同で調べていた。荷物の宛先は西田容疑者宅ではなかったが、西田容疑者が自宅に届けるよう郵便局に連絡。受け取ったところを逮捕したという。

 経産省は29日、「職員が逮捕され、誠に遺憾です。捜査に最大限協力し、全容の解明を踏まえて、厳正に対処します」とコメントを出した。

(朝日新聞)

入手経路

入手経路についてですが、報道ではロサンゼルスからファッション雑誌の袋とじの中に隠し入れ輸入を行ったようです。

過去には台湾から覚醒剤84億円相当を冷凍マグロの中に隠し入れて輸入したり、オランダから重機のロードローラーにのロール部分に隠し入れて輸入を行うなど、入手ルートは巧妙に多様化するようになりました。

犯罪ジャーナリストの小川泰平さんによると覚醒剤の輸入経路として通過しやすい書籍の輸入を選んだこと、また、国内の売人ではなく海外から国際便を使用することで、あしをつきにくくしている点で覚醒剤の輸入に手慣れている犯行だという解説がありました。

 

覚醒剤を輸入することは決して許されることではありませんが、手口が巧妙化する中で知らず知らずのうちに自分が運び屋になってしまう場合もあります。

そのため輸入元がよくわからないような商品の購入は控えた方が良いかもしれませんよね。

西田容疑者の顔・SNS情報は?

 

イケメンで爽やかな好青年のようです。28歳でキャリア官僚の課長補佐にまでなる人がなぜ?という感じですよね。

現在SNS情報等はまだ特定にはいたっていない模様です。

 

ネットの声

  • 自動車課というのが気になるね。
    仕込まれた可能性も視野に、徹底した捜査を望むね。
    こういう事件の時、国家警察のない日本は大きなハンデを背負っている。
  • 一体何処から?っていつも不思議だったけど
    意外とこんなルートですか
    やっちゃんさんだけじゃないのかね
    しかし、昔だったら「役人の不祥事は国民に示しがつかない」でもみ消しされたのでしょうね
  • この手の捜査はドラマとかではよく見るけど、現実にやってるんですね。それにしても容疑者が国家公務員とは。容疑が本当なら、今までの努力が水の泡ですね。ご愁傷さま。
  • 「思い込み所持」も「所持」と同じになるんだ。
    覚醒剤自体は所持してなかったのに。
  • 「別の部屋に郵送させ、郵便局に「自宅へ転送」依頼をして、荷物を受け取っていた。荷物の受け取りは認めるが、覚せい剤とは知らなかったと供述」NHKニュースより

    覚せい剤だから転送させていた、と思うのが普通
  • 28歳で課長補佐ってキャリア組だろ?
    人生完全に終わったな。
  • 自分たちから買わないので
    闇勢力が通報したとか
    ちょっとドラマの見過ぎかw

(Yahooニュースより)